高額な料金を取る探偵に注意!

2007年6月に探偵業法が施行されるまでは、実質探偵事務所というのは、
特別な免許もいらなかったですし、法律の規制、刑罰なども曖昧になっていました。

 

だから、料金なども相手の言い値で決まってしまったり、
不明瞭な成功報酬、別会計の実費など、あとからどんどん請求が水増しされる状況に、
利用者側が何も言うことができない状況が続いてきました。

 

最近では、探偵業務というのが探偵業法の管理下に置かれることによって、
大分悪徳業者は減ってきましたが、それでも利用者の無知につけ込んで、
法外な報酬を請求する業者はいるにはいます。

 

まず、契約する前に、調査料金などをはっきり伝えない業者には気をつけましょう。
思わぬ追加料金で、もともとの予定の何倍もの料金を払わなければいけない場合もでてきます。

 

最初に契約書の内容をしっかり確認して、疑問点があったらしっかり質問しましょう。
探偵業としての届け出をしていない業者もいまだ多いので、その点も要チェックです。

 

探偵業界内で認可されているかや、団体名は信用できるものであるか、
公的に認められている業者にしたほうがいいですね。
似たような名前を騙る業者には注意しましょう。

 

また会社の住所をしっかり明記してある業者に頼みましょう。
安いからといって事務所を構えていない業者の場合、
そのまま逃げられてしまったら連絡の取りようもありません。

 

相談内容をあまり聞かないで、専門用語ばかり使って早く相談者を丸め込もうとする業者もあります。
専門家ではないからこそ、相談に来ている訳ですから、相手に理詰めでこられても、
分からないことは分からない、契約できないときはきっぱりと拒否することです。

 

調査料金は、他の探偵事務所に比べて最初だけ異様に安いところは、
追加料金が高い場合もあるし、その上、法律で認められていない、
プライバシーの侵害を侵すような行為を平気で行っているような違法な業者は問題外です。

 

金額や報酬の面だけではなく、しっかりと信用できる業者かどうか、依頼前に見極めてください。