身辺調査で結婚相手を調べるのは普通?割合や内容はどのくらい?

大切な娘・息子の結婚相手は、本当に良い人なのか不安だから調べたいけれど、調べるのは普通ではないのだろうか?
世の中どのくらいの割合で、身元調査を行っているのだろう?
と、疑問に思われる方の為に、ここでは、実際に身辺調査を行う割合や、調べることが出来る内容を紹介したいと思います。

目次

  1. 身辺調査で結婚相手を調べるのは普通?
  2. 結婚相手を調べる割合はどのくらい?
  3. 身辺調査は相手の何を調べるの?内容は?
  4. さいごに

身辺調査で結婚相手を調べるのは普通?

身辺調査するべき?

今は、結婚するにもお見合いではなく、自由恋愛が前提になっています。
ですので、身元がしっかりしているかどうか、または、その相手の個人の生い立ちなどについては、本人の口から語られることを信用するしかありません。
お付き合いの段階なら、それでもいいかもしれませんが、実際に結婚し、配偶者になる場合は、本人達だけではなく、親戚付き合いなども出てきます。
これらの事から、相手のことを信じていない訳ではないけれど、やはり将来にも影響してくることから、身辺調査などで相手を調べるのは普通です。

警察官とお付き合いすると身辺調査は当たり前!

まず、お付き合いをすると「交際申告書」という書類を提出します。
この書類の提出のタイミングは、本人任せであるようです。
そこから、交際相手の事や家族3親等まで調べられます。
ですが、警察のデータベース内で解ることのみの調査ですので、探偵ほど緻密に調べることは稀です。

結婚相手を調べる割合はどのくらい?

どのくらいの割合?

地域によっては、興信所や探偵事務所を使わず、未だに『聞き合わせ』や『釣書』などで身辺調査を行ったり、両親が親戚に頼んで独自に、身辺調査のようなことを行う場合も多くあります。
そのため、実際に興信所や探偵事務所を使用し詳しく調べる人は、最終的に40%ほどになります。
そして、興信所や探偵事務所への依頼は、比較的金銭的に余裕のある両親からの依頼が多いです。
身辺調査の費用については、こちらのページを参考にしてみて下さい。
>身辺調査の費用・料金相場

身辺調査は相手の何を調べるの?内容は?


興信所や探偵事務所が行う身辺調査は、依頼人の目的によって調べる内容が違ってきます。
結婚前の身辺調査の場合は、以下の内容を知ることができます。

調査内容

  • 生い立ち(生育状況)
  • 家族
  • 学歴
  • 職業
  • 性格
  • 交友関係
  • 宗教
  • 思想
  • 借金の有無
  • 収入
  • 財産
  • 生活態度
  • 趣味

など、多岐に渡って調査出来ますし、家族も一緒に3親等まで調べることが可能です。
この様に、一般では知り得ない情報も、確実に調べることができます。
ですので、結果から今後の交際を続けていい人なのか、判断材料にもなります。

調査を行った体験談

実際に興信所や探偵事務所を使用し、結婚相手の身辺調査を行った結果、様々な事実が判明した例を2件紹介します。

依頼人

50代男性

調査内容

娘に付き合っている男性がいる。
聞いている情報が本当なのか、どんな人物か知りたい。

調査結果

娘さんとの出会いは街コンイベント。
娘さんとお付き合いしている現在も、たまに参加している様子。
前もって聞かされていた勤め先は正しいが、言っていた役職ではなく、年齢も33歳とのことだが、実際は37歳。
また、離婚歴があり、その時の原因が男性のDVであったことが分かりました。
この事実を、依頼人は娘さんに告げて関係は終了したとのこと。

依頼人

30代女性

調査内容

3年付き合った彼と結婚の話が出た。
彼には、親が資産家であることは知られているので、一応確認の意味で身辺調査したい。

調査結果

職歴に偽りは無いが、パチンコや競馬が好きで借金が数百万あることや、煙草は吸わないとのことだが、パチンコをやっている時は吸っていることが判明。
離婚歴は無く、借金と煙草とギャンブルの嘘のことで、依頼人の女性は調査したことなど全てを話し、彼と話し合いを行うことに。
彼は、嘘を吐いて悪かったと誠心誠意謝罪し、ギャンブルも煙草も辞める努力をするから別れないで欲しい、と懇願。
依頼人は、3年も付き合っていて気が付かなった事にショックを受けた様だが、結婚を白紙に戻して期限付きで彼とやり直し、煙草とギャンブルを辞められるか様子を見る結果に。
借金に関しては返済が滞っていないので、今回は不問にするようです。

この2件の事例から、結末は違いますが、相手の隠していた事が明るみになりました。
このまま結婚していたら…と思うと、調べて良かったのではないでしょうか。

身辺調査で調べられないこと

調査出来ない内容

さて、自分では調べられないような事まで調べられる興信所や探偵事務所ですが、調べることが出来ない内容もあります。
主に、「ストーカー規制法」や「個人情報保護法」に関わるものは調査することが出来ません。
ですので、

  • 住民票の取得
  • 差別に関する調査
  • 電話から個人の身元特定

などの調査は、行いません。
最近では、ストーカー事件のこともあり「元カノ・元嫁の居場所を知りたい」「SNSで知り合った人を探したい」と言った案件は、探す目的について十分に話し合いを行い、最終的には依頼を受けない場合もあります。
また、犯罪歴の有無に関しては、扱いが小さかったり裁判になっていない場合は、確認しきれない場合もあるので注意してください。
法律を守りながら、多くの情報を集めてくれる探偵事務所は、以下のページにまとめてありますので参考にしてみてください。
>信頼できる探偵事務所3選

さいごに


未だに、結婚相手の身辺調査は行われていることが分かりました。
正直「え、結婚前に身辺調査をやるの?」と、思う方も多いかと思いますが、自由恋愛の現代だからこそ、やる必要があると考えます。
相手のことを信じていても、恋愛中は目が曇りがちになるものです。
結婚前の身辺調査は、冷静に相手を見るチャンスでもあります。