結婚前の身辺調査の頼み方

いまは結婚するにもお見合いではなく、自由恋愛が前提になっていますので、身元がしっかりしているかどうか、
またはその相手の個人の生い立ちなどについては、本人の口から語られることを信用するしかないものです。

 

おつきあいしている段階ならそれでもいいかもしれませんが、実際に結婚、配偶者になる場合は、
本人達だけではなく、色々な親戚付き合いなども出てきます。
相手のことを信じていない訳ではないけれど、やはり将来にも影響してくることから、
興信所などに身辺調査を頼むのは普通です。

 

お見合いなど信頼できる筋での紹介があったとしても、やはりのちのちのトラブルなどを回避するために、
異性関係や家族の事など、調べておいたほうがいいこともあります。

 

それは自分の為だけではなく、婚約後に破棄するなど、相手のことを傷つけてしまうことを避ける意味でも重要なことです。
将来の離婚のリスクなどを考えると、懸命な判断なのではないでしょうか。こ

 

うした興信所、探偵者に依頼する方法の他に、経営コンサルタントなどに相談し、
配偶者候補となる人をすべてデータ化して、
色々な面でどれくらいの将来性や問題点があるのか、分析してみることも可能です。

 

調査に必要なものは、氏名、住所、勤務先、その他知っている経歴など
分かっている情報を依頼先に伝え、身分証明書のコピーなどがあればより良いです。

 

それらの情報の信憑性を確かめるとともに、身元、経歴、そして現況などについて、
周囲の人への聞き込みなどから、事実を割り出します。

 

相手が嘘いつわりなくあなたに事実を伝えていれば、それが一つの信頼材料になりますし、
もし経歴詐称、逼迫した財政状況など、
不審な点があったら、現在の行動調査などを追加依頼して事実を明らかにすることもできます。
なによりも将来のトラブルを避ける意味で、この結婚前の身辺調査などはとても大切なものです。

 

結婚してからすべてが暴かれたのでは遅いのです。
離婚には金銭や時間だけではなく、多大なエネルギーが必要となりますので、
まずは頭を冷静にして、慎重に判断すべきなので、
この身上調査の結果を参考西手、最終判断を下すことができます。